ビジネスカジュアルとは?おすすめのアイテムをまとめます

仕事用の服を選ぶ際は、職場の服装規定を基準にすると思います。

会社によっては「ビジネスカジュアル」が指定されていることもあり、これが悩みの種となっている方も多いのではないでしょうか。

そもそも、ビジネスカジュアルとはどのような服装を指すのでしょうか?この記事では、定義の曖昧なビジネスカジュアルについて、どのように服装を決めればよいのか、おすすめのアイテムもあわせて考えていきます

目次

そもそもビジネスカジュアルとは?

ビジネスカジュアルとはそもそもどのような服装なのでしょうか。

「ビジネススタイルより少しカジュアルなファッション」

くらいに理解している方も多く、どのような服装が適しているのか分かりづらい言葉です。まずは、ビジネスカジュアルとはどのような服装なのかを見てみましょう。

ビジネスカジュアルに明確な定義はない

実は、ビジネスカジュアルに明確な定義は存在しません。

人によってどのような服装指すかは異なるからです。

一般的には、ややカジュアルよりのビジネススタイルと理解されることが多く、どこからビジネスでどこからビジネスカジュアルかが決まっているわけではありません。

そのため、職場によって基準が異なり、許容されるラインも違います。

ビジネススタイルを少し崩したファッションが一般的

あくまで一般論ですが、ビジネスカジュアルはビジネススタイルを少し崩したファッションだと認知されていることが多いようです。たとえば以下のようなファッションが挙げられます。

ビジネスカジュアルの服装(一例)
  • スーツを無地ではなく柄入りのものにする
  • ワイシャツを遊びのある色やデザインのものにする
  • スラックスの代わりにセンタープレスではないパンツを履く

ビジネススタイルを基本にしつつも、随所にお洒落を取り入れカジュアルさを演出するのがビジネスカジュアルの特徴といえそうです。

職場のTPOと来客対応の可否が基準

とはいえ、自分の思うビジネスカジュアルが必ずしも周囲に受け入れられるとは限りません。

崩しすぎず、かつキメすぎない服装を選ぶための基準となるのが職場のTPO来客対応の可否です。

たとえば、Tシャツやパーカーなど、突然の取引先の訪問に出られない格好はビジネスカジュアルとしてはNGでしょう。

また、崩しすぎて職場の同僚たちから浮くのも良くありません。

職場に詳しい服装規定がある場合はそれを参考に、ない場合は周囲の服装を見て許される範囲を探ってみるのが最も確実といえそうです。

ビジネスカジュアルでNGとされやすいファッション

いかにビジネススタイルよりはカジュアルでよいとされていても、一般的には着用がふさわしくないとされている服も存在します。

ビジネスカジュアルで避けた方が良いアイテムを三点紹介します。

襟のないシャツ

Tシャツやカットソーなどをはじめとする、襟のないタイプのシャツはNGとされやすいです。

丸襟のTシャツなどはジャケットと組み合わせることもありますが、あくまでカジュアルファッションの一つと考えた方がよいでしょう。

ワイシャツスタイルにカジュアル感をプラスしたいのであれば、ボタンダウンシャツやポロシャツを選ぶこともできます。カジュアル過ぎず、適度にこなれたファッションになるのでおすすめです。

ジーンズ

ジーンズ(ジーパン)も、ビジネスカジュアルでは着用不可と考えられることが多いです。

もともとは労働者の作業用ズボンとして広まったもので、ストリートファッションでも利用されるなどラフなイメージが強くなっています。

ジーパンをジャケットと合わせる服装もあるのですが、ビジネスカジュアルを規定される職場では多くの場合不適切とされます。

スニーカー

土足タイプのオフィスなら靴のファッションも重要です。

この場合、布製のスニーカーは相応しくないとされます。どうしても運動靴というイメージが強く、職場で履くにはカジュアル過ぎると考えられていることが多いです。

なお、スニーカーでもレザースニーカーならデザインによってはOKというところもあります。

スーツ用のアイテムは単独で使用しない

初心者がビジネスカジュアルファッションを考える際にやってしまいがちなのが、ジャケットやスラックスなどスーツ用のアイテムを流用することです。

セットで販売されているスーツ用のアイテムは、セットで着る前提で設計されています。

単体で他の衣服と組み合わせるとバランスがくずれだらしない着こなしに見えることがあり、注意が必要です。

たとえば、パンツと組になっているスーツのジャケットは、単体使用前提のテーラードジャケットと比べて裾が長めに作られています。

チノパンなどと合わせるとちぐはぐなバランスになるため控えた方が無難です。

ビジネスカジュアルにおすすめのファッションアイテム

ビジネスカジュアルの装いを実現するために、どのようなアイテムを活用すればよいのでしょうか。

ここでは、ビジネススタイルに組み込むことでカジュアル感をプラスできるおすすめアイテムを紹介します。

テーラードジャケット

テーラードジャケットは、スラックスと組になっていないタイプの単体のジャケットのことです。見た目はスーツのジャケットと似ていますが、他のアイテムと合わせることを前提にデザインされているためビジネスカジュアルで使いやすいアイテムです。色は黒でも良いのですが、ビジネスカジュアルならブルーやネイビー、グレーなども持っておくとおしゃれを楽しむことができます。

カジュアルなデザインのワイシャツ

ビジネス用のワイシャツより、少し遊びのあるデザインのものを選ぶのもおすすめです。

たとえば、薄いピンクやブラックなどのカラーはビジネススタイルでは避けられがち。

しかし、ビジネスカジュアルならOKの職場も存在します。また、襟型がボタンダウンのワイシャツも、ネクタイなしで着られることからビジネスカジュアルとの相性の良いアイテムです。

チノパン

スラックスをはじめとしたセンタープレスのパンツより、ワンランクカジュアルさをプラスできるのがチノパンです。

職場で着用するのであれば裾がストレートタイプのものが一般的。カラーはベージュが多く、ジャケットと合わせやすいのも特徴です。

スラックスを選ぶ場合は下画像のようなセンタープレスのないものを選んでみましょう。

ニットタイ

ニットタイは、スーツスタイルに手軽にカジュアル感をプラスできる優秀なアイテムです。その名の通りニット素材のネクタイを指し、通常のネクタイと違い先が水平になっています。ジャケットと合わせやすい無地のデザインや、よりカジュアルなファッションに仕上がるボーダーなどデザインはさまざまです。好みのものを選べるのも魅力の一つといえます。

装飾のある革靴

ビジネスカジュアルでは、崩しすぎない程度の革靴の装飾はOKとされることが多いです。革靴はつま先の装飾が数種類存在し、それぞれデザイン性が異なります。代表的なのは以下の三種です。

ストレートチップ

つま先に対して水平に線が入っているデザイン。フォーマルでも履けますが、シンプルで使いやすいデザインからビジネスカジュアルでもおすすめです。

ウィングチップ

つま先を上にした際に「M」のように見える縫い目があるタイプ。デザイン性が高くビジネスでは敬遠されることもありますが、ビジネスカジュアルとの相性は良好といえます。

Uチップ

U字の縫い目が走っているデザインのつま先です。ビジネスシーンでも利用できますがカジュアルファッションでも使える万能選手。構造が頑丈なため外回りの仕事とも相性が良いデザインです。

革靴のデザインは他にも数多く存在するため、自分好みの靴を探すのも楽しいポイントの一つ。不安な場合は店舗スタッフに相談してみると、ビジネスカジュアルでも浮かない商品をおすすめしてもらえます。

最初はスーツスタイルをワンポイント崩すことから

ここまでビジネスカジュアルについて紹介してきましたが、基本は職場のTPOに従うことが基準です。

まずは社内ルールと周囲の服装を確認し、スーツスタイルをワンポイント崩すところからはじめてみましょう。

参考サイト:
https://biz.menz-style.com/item/pr?pr_id=326
https://biz.menz-style.com/article/detail?id=570
https://mens.tasclap.jp/a2935
https://mens.tasclap.jp/a1013
https://fashion.dmkt-sp.jp/static/cont/id_FSWD2077
https://biz.menz-style.com/item/pr?pr_id=326

仕事用の服を選ぶ際は、職場の服装規定を基準にすると思います。会社によっては「ビジネスカジュアル」が指定されていることもあり、これが悩みの種となっている方も多いのではないでしょうか。そもそも、ビジネスカジュアルとはどのような服装を指すのでしょうか?この記事では、定義の曖昧なビジネスカジュアルについて、どのように服装を決めればよいのか、おすすめのアイテムもあわせて考えていきます

そもそもビジネスカジュアルとは?

ビジネスカジュアルとはそもそもどのような服装なのでしょうか。「ビジネススタイルより少しカジュアルなファッション」くらいに理解している方も多く、どのような服装が適しているのか分かりづらい言葉です。まずは、ビジネスカジュアルとはどのような服装なのかを見てみましょう。

ビジネスカジュアルに明確な定義はない

実は、ビジネスカジュアルに明確な定義は存在しません。人によってどのような服装指すかは異なるからです。一般的には、ややカジュアルよりのビジネススタイルと理解されることが多く、どこからビジネスでどこからビジネスカジュアルかが決まっているわけではありません。そのため、職場によって基準が異なり、許容されるラインも違います。

ビジネススタイルを少し崩したファッションが一般的

あくまで一般論ですが、ビジネスカジュアルはビジネススタイルを少し崩したファッションだと認知されていることが多いようです。たとえば以下のようなファッションが挙げられます。

【ビジネスカジュアルの服装(一例)】

  • スーツを無地ではなく柄入りのものにする
  • ワイシャツを遊びのある色やデザインのものにする
  • スラックスの代わりにセンタープレスではないパンツを履く

ビジネススタイルを基本にしつつも、随所にお洒落を取り入れカジュアルさを演出するのがビジネスカジュアルの特徴といえそうです。

職場のTPOと来客対応の可否が基準

とはいえ、自分の思うビジネスカジュアルが必ずしも周囲に受け入れられるとは限りません。崩しすぎず、かつキメすぎない服装を選ぶための基準となるのが職場のTPO来客対応の可否です。たとえば、Tシャツやパーカーなど、突然の取引先の訪問に出られない格好はビジネスカジュアルとしてはNGでしょう。また、崩しすぎて職場の同僚たちから浮くのも良くありません。職場に詳しい服装規定がある場合はそれを参考に、ない場合は周囲の服装を見て許される範囲を探ってみるのが最も確実といえそうです。

ビジネスカジュアルでNGとされやすいファッション

いかにビジネススタイルよりはカジュアルでよいとされていても、一般的には着用がふさわしくないとされている服も存在します。ビジネスカジュアルで避けた方が良いアイテムを三点紹介します。

襟のないシャツ

Tシャツやカットソーなどをはじめとする、襟のないタイプのシャツはNGとされやすいです。丸襟のTシャツなどはジャケットと組み合わせることもありますが、あくまでカジュアルファッションの一つと考えた方がよいでしょう。ワイシャツスタイルにカジュアル感をプラスしたいのであれば、ボタンダウンシャツやポロシャツを選ぶこともできます。カジュアル過ぎず、適度にこなれたファッションになるのでおすすめです。

ジーパン

ジーパンも、ビジネスカジュアルでは着用不可と考えられることが多いです。もともとは労働者の作業用ズボンとして広まったもので、ストリートファッションでも利用されるなどラフなイメージが強くなっています。ジーパンをジャケットと合わせる服装もあるのですが、ビジネスカジュアルを規定される職場では多くの場合不適切とされます。

スニーカー

土足タイプのオフィスなら靴のファッションも重要です。この場合、布製のスニーカーは相応しくないとされます。どうしても運動靴というイメージが強く、職場で履くにはカジュアル過ぎると考えられていることが多いです。なお、スニーカーでもレザースニーカーならデザインによってはOKというところもあります。

スーツ用のアイテムは単独で使用しない

初心者がビジネスカジュアルファッションを考える際にやってしまいがちなのが、ジャケットやスラックスなどスーツ用のアイテムを流用することです。セットで販売されているスーツ用のアイテムは、セットで着る前提で設計されています。単体で他の衣服と組み合わせるとバランスがくずれだらしない着こなしに見えることがあり、注意が必要です。たとえば、パンツと組になっているスーツのジャケットは、単体使用前提のテーラードジャケットと比べて裾が長めに作られています。チノパンなどと合わせるとちぐはぐなバランスになるため控えた方が無難です。

ビジネスカジュアルにおすすめのファッションアイテム

ビジネスカジュアルの装いを実現するために、どのようなアイテムを活用すればよいのでしょうか。ここでは、ビジネススタイルに組み込むことでカジュアル感をプラスできるおすすめアイテムを紹介します。

テーラードジャケット

テーラードジャケットは、スラックスと組になっていないタイプの単体のジャケットのことです。見た目はスーツのジャケットと似ていますが、他のアイテムと合わせることを前提にデザインされているためビジネスカジュアルで使いやすいアイテムです。色は黒でも良いのですが、ビジネスカジュアルならブルーやネイビー、グレーなども持っておくとおしゃれを楽しむことができます。

カジュアルなデザインのワイシャツ

ビジネス用のワイシャツより、少し遊びのあるデザインのものを選ぶのもおすすめです。たとえば、薄いピンクやブラックなどのカラーはビジネススタイルでは避けられがち。しかし、ビジネスカジュアルならOKの職場も存在します。また、襟型がボタンダウンのワイシャツも、ネクタイなしで着られることからビジネスカジュアルとの相性の良いアイテムです。

チノパン

スラックスをはじめとしたセンタープレスのパンツより、ワンランクカジュアルさをプラスできるのがチノパンです。職場で着用するのであれば裾がストレートタイプのものが一般的。カラーはベージュが多く、ジャケットと合わせやすいのも特徴です。

ニットタイ

ニットタイは、スーツスタイルに手軽にカジュアル感をプラスできる優秀なアイテムです。その名の通りニット素材のネクタイを指し、通常のネクタイと違い先が水平になっています。ジャケットと合わせやすい無地のデザインや、よりカジュアルなファッションに仕上がるボーダーなどデザインはさまざまです。好みのものを選べるのも魅力の一つといえます。

装飾のある革靴

ビジネスカジュアルでは、崩しすぎない程度の革靴の装飾はOKとされることが多いです。革靴はつま先の装飾が数種類存在し、それぞれデザイン性が異なります。代表的なのは以下の三種です。

【ストレートチップ】
つま先に対して水平に線が入っているデザイン。フォーマルでも履けますが、シンプルで使いやすいデザインからビジネスカジュアルでもおすすめです。

【ウィングチップ】
つま先を上にした際に「M」のように見える縫い目があるタイプ。デザイン性が高くビジネスでは敬遠されることもありますが、ビジネスカジュアルとの相性は良好といえます。

【Uチップ】
U字の縫い目が走っているデザインのつま先です。ビジネスシーンでも利用できますがカジュアルファッションでも使える万能選手。構造が頑丈なため外回りの仕事とも相性が良いデザインです。

革靴のデザインは他にも数多く存在するため、自分好みの靴を探すのも楽しいポイントの一つ。不安な場合は店舗スタッフに相談してみると、ビジネスカジュアルでも浮かない商品をおすすめしてもらえます。

最初はスーツスタイルをワンポイント崩すことから

ここまでビジネスカジュアルについて紹介してきましたが、基本は職場のTPOに従うことが基準です。まずは社内ルールと周囲の服装を確認し、スーツスタイルをワンポイント崩すところからはじめてみましょう。

参考サイト:
https://biz.menz-style.com/item/pr?pr_id=326
https://biz.menz-style.com/article/detail?id=570
https://mens.tasclap.jp/a2935
https://mens.tasclap.jp/a1013
https://fashion.dmkt-sp.jp/static/cont/id_FSWD2077
https://biz.menz-style.com/item/pr?pr_id=326

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる