2021/11/12.初月料金が改定されました

30代におすすめのカジュアルパンツは?アイテム選びを解説!

30代の男性にとって、ファッションにどんなパンツを合わせるかは悩みどころ。

とくに、ファッションにいま一つ自信がない場合、何を選べば良いか分からない、という人も多いものです。

そこで、この記事では30代男性向けのカジュアルパンツの選び方を紹介します。

「そろそろ20代のような服はなぁ…」と思っている方、ぜひ参考にしてください。

目次

カジュアルなシーンで使いやすいパンツの種類

カジュアルシーンでは、さまざまなパンツが候補に入りますが「使いやすさ」「合わせやすさ」を重視する場合、候補となるアイテムはある程度絞られてきます。

ストレートタイプのチノパン

まずおすすめするのは、ストレートタイプのチノパンです。
仕事用のジャケパンスタイルはもちろん、Tシャツやパーカーなどのカジュアルアイテムとも相性抜群です。

ストレートタイプのものは、ファッションにワンランクスマートさをプラスできます。
そのため、オーバーサイズシャツなどゆるめのアイテムを着用する際の「抜けすぎ防止」にも役立ちます。

少しゆったりめのスラックス

スラックス=スーツと組で着るもの、というイメージがある方もいるかもしれません。
しかし、実はスラックスは「大人カジュアル」には欠かせないアイテムです。

ゆったりしたデザインのものは、快適に着用できるうえ、仕事着っぽさが出にくく適度に抜け感を演出できるため非常に便利です。
活躍できるコーディネートの幅が広いため、一本持っておいて損はありませんよ。

きれいめのストレートジーンズ

きれいめコーデを目指すのであれば、ストレートジーンズはぜひ持っておきたいところ。
ジーンズのデザインはさまざまですが、黒や濃いネイビーで、加工のないものを選ぶのがおすすめです。

ジャケット着用でビシっと決めたいときも、カジュアルファッションで遊びに行くときも、どんな場面でも対応できる万能選手です。

ベージュ、グレー、ブラック、ネイビーなどが合わせやすくておすすめ

パンツの色でおすすめなのは、ベージュやグレー、ブラックなどのダークカラーとベージュです。
これらの色はどのようなトップスとも合わせやすく、コーディネートの難度が低いためです。
また、下半身に濃い色のパンツを持ってくることで、全体のコーディネートが安定し、調和を取りやすくなります。

なお、黒やネイビーなどは収縮色と呼ばれ、脚を引き締めて見せる効果があります。
体型が気になるメンズにもおすすめです。

初心者が避けた方が良いパンツは?

おすすめのパンツとは別に、避けた方が良いアイテムもあります。
例えば、以下のようなものはファッション初心者にはあまりおすすめできません。

白のパンツ

下半身に白を持ってきてしまうと、コーディネート全体をまとめる難度がぐっと高くなります。

無造作に採用すると「ホストっぽい」と見られることもあり、着こなしにはセンスが必要です。

細すぎるスキニーパンツ

適度に細いシルエットのパンツは下半身をスマートに見せてくれますが、細すぎるものはフェミニンな印象が強くなってしまい、コーディネートが難しくなります。

似合う人が限られるため、最初のうちは避けた方が無難です。

また、女性でも「ピタピタのスキニーは苦手」という人が一定数おり、デート服としてもあまりおすすめできません。

ダメージジーンズ

ダメージジーンズも初心者向けとはいえません。

一部が薄く色あせている程度の加工であれば問題ありませんが、繊維が飛び出ていたり、肌や下地が露出したりするレベルのものは「チャラい」という印象を持たれる可能性が高いです。

ファッションは基本的に清潔感が重要になってくるので、特に初対面の人に合う際は避けるようにしましょう。

ハーフパンツ

夏場に履きたくなるハーフパンツですが、こちらも品よくまとめるのが難しいアイテムです。

何も考えずに着用すると「虫取り少年」スタイルになりやすく、大人っぽく仕上げるにはテクニックが必要です。
こちらも初心者向けではないため、慣れないうちは避けたほうがよいでしょう。

30代におすすめのブランド

実際にパンツの購入を検討する際、どのブランドを選べばよいのでしょうか。
当サイトおすすめの、30代のパンツブランドを紹介します。

UNITED ARROWS

UNITED ARROWSは「国内セレクトショップ御三家」の一つと呼ばれています。

さまざまなブランドの製品を取り扱っているため、見比べながら選べる点がメリットです。

パンツはシンプルかつ無難なものが多く、失敗しにくいラインナップが魅力です。

自社製品のパンツはストレートタイプのものが多く、カジュアルはもちろん、ビジネスでも活躍できます。

きれいめコーデを目指したい方におすすめのブランドです。

パンツの価格帯は1枚1万円程度からとなっています。

BEAMS

UNITED ARROWSと並ぶ、セレクトショップ御三家の一角を構成するブランドです。

こちらも他社ブランドの取り扱いが多く、多様なラインナップのなかから好みのアイテムを選べます。

自社製品のパンツは、一般的なストレートシルエットから太めのデザインまで様々です。

スラックスはゆったりとした着心地の製品が多くなっています。

どちらかというとカジュアル色の強いファッションを好む人におすすめのブランドです。

パンツの価格帯は、こちらも1本1万円からです。

ユニクロ

ファストファッション大手のユニクロも、おすすめのパンツブランドの一つです。

スリムで上品なデザインの商品が多く、コーディネートをスマートに仕上げたい方におすすめです。

ストレッチ性に優れたオリジナル商品も販売されており、ジーンズやチノパンの固さや窮屈さが苦手な人でも着用できます。

パンツのカラーは、黒やネイビーを始めとしたベーシックなものが多いため、初心者にはとくにおすすめです。

パンツの価格帯は1本2,000円から。

コストパフォーマンスの高さが魅力的ですね。

H&M

ユニクロと並ぶファストファッション大手のH&Mも、パンツのおすすめブランドです。

パンツのラインナップはスリムタイプやストレートタイプなど、すっきりとしたシルエットのものが中心です。

デザインもオーソドックスなものが多く、チョイスで失敗しにくい点がメリット。

特にH&Mのスラックスは、カジュアルでも仕事でも着用できる万能選手です。

着回しがしたい方は一着持っていて損はないでしょう。

DIESEL

DISELはイタリアのカジュアルファッションブランドです。

デニムの製造販売にとくに力を入れています。

多様なデザインと種類の豊富さ、確かな品質が評価され、愛好家から高い支持を受けています。

デニムのラインナップは、クリーンタイプから加工の入ったダメージデニムまで様々。

シンプルなタイプも充実しており、なかにはジャケットと合わせて職場に着ていけるデザインもあります。

デニムの価格は1本2万3,000円からと高めですが、品質に力を入れているため、1つのパンツを長くはきたいタイプの方にはおすすめできます。

まずは無難なデザインから始めてみよう

ファッション初心者がコーディネートを考える場合、パンツはまず無難でシンプルなデザインのものを選びましょう。
個性的なアイテムは着こなせれば格好いいのですが、単体の主張が強く、コーディネートをまとめにくいという欠点があります。

初めは合わせやすいカラーのものを選び、慣れてきたら徐々に個性を出していきましょう。
ラインナップもブランドによってさまざまですので、ぜひお気に入りを探してみてください 。

参考:
https://www.diesel.co.jp/men/products/list/category_id/10003
https://www2.hm.com/ja_jp/men/shop-by-product/trousers/chinos.html
https://www.uniqlo.com/jp/ja/men/bottoms/ankle-pants-and-jogger-pants
https://www.beams.co.jp/category/pants_02/?sex=M&brand=000001&search=true&sort=price
https://bit.ly/3AUhEvu

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる