男性向け!お見合いで初対面の女性に会うための服装

お見合いで初対面の女性と会う場合、どのような服をしていけばよいかは悩みどころですね。

とくにファッションに自信のない男性は、服選びで困ることも多いのではないでしょうか。

異性に見られるのだからおしゃれにしたい、と思う方は多いもの。

ですが、ファッション初心者がお見合いでの服装を選ぶときは、無理におしゃれに決めようとする必要はありません。

まずは基本を抑え、失礼のない服装ができるようにしましょう。

この記事では、男性向けのお見合いでの服装とアイテムの選び方を解説します。

目次

清潔感が最重要

「女性と会うのだからおしゃれにしたい!」と考えるのは当然です。

ただ、お見合いや婚活など、相手を意識した服装では、おしゃれよりも注意すべきことがあります。
それが「清潔感」です。

では、清潔感のある格好をするには、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

女性は男性のファッションにあまり関心がない

大前提として、女性は男性のファッションにあまり関心がありません。
よく知らないため、攻めたファッションをしても伝わらないことも少なくないのです。

とくにお見合いを利用して相手を探す女性はこの傾向が強く、ファッションセンスよりも「清潔感」「価値観」「金銭感覚」などを重視します。

そのため、お見合いでの服装は無理におしゃれをする必要はなく、基本をおさえてに清潔感のある服装にまとめることが大切です。

パンツやシャツ、ジャケットはアイロンでシワ伸ばし

お見合い当日に着ていくアイテムは、しっかりとシワを伸ばしておきましょう。

どんなに素敵なシャツやジャケットも、しわしわの状態ではお見合い相手に不快感を与えてしまいます。

自分でアイロンがけするのであれば、衣服の洗濯表示に記載されている温度を守り、生地を傷めないよう注意しましょう。

自分で手入れする自信がない場合や、汚れも一緒に落としたい場合は、一度クリーニングに出してしまうと確実です。

着用前は、襟元やパンツのホコリを忘れずに落としておきましょう。

靴は革靴で必ず手入れされたものを

お見合いで着用する靴は革靴を選んでください。

スニーカーなどのカジュアルシューズは、お見合いの場には相応しくないからです。

革靴にはキズや汚れが付きやすく、手入れを怠るとみすぼらしい印象を与えてしまいます。

女性は意外に男性の足元をチェックしていますので、こちらも抜かりなく準備しておきましょう。

キズや汚れを落としたい場合は、専用の商品が市販されています。ブラシで土やホコリを落としたあと、革用のクリームで入念に手入れしておきましょう。

皮が剥がれたりソールがすり減っている場合は、家でのメンテナンスは難しいです。お見合い当日に間に合うよう、修理に出すことをおすすめします。

アイテムは無地のものを選ぶ

お見合い当日に着用するアイテムは、基本的には無地のものを組み合わせるようにしましょう。

全体的にすっきりとまとまった印象になり、初心者でも服装で失敗しにくくなります。

チェックやストライプのアイテムも販売されていますが、服装の組み立てを失敗すると野暮ったく見えてしまう諸刃の剣です。

やや上級者向きのため、ファッションセンスに自信がない場合は避けたほうが無難です。

体の清潔感にも注意

服装と同じく、体の清潔感にも気を配りましょう。

伸びすぎた髪やヒゲ体臭がきつい、肩に落ちたフケなどは女性の嫌うポイントです。

髪や髭は短く整え、可能であればお見合いが近くなったタイミングでカットするとよいでしょう。

体臭やフケなどは長期的な改善が必要なケースもあります。

婚活を始める時点で生活習慣やケア用品を見直し、必要であれば病院に通うようにしましょう。

初回(初対面)はスーツまたはジャケットスタイル

ここからはお見合いでの具体的な服装を考えていきます。

お見合いで初めて会う場合、スーツまたはジャケット+パンツの装いが基本となります。

どちらがよいかは人により、仕事などでスーツを着慣れている方であればスーツ、それ以外の方はジャケットスタイルがおすすめです。

ただし、休日に会う場合はスーツよりジャケットスタイルの方が自然です。

スーツの着こなしはサイズ感が重要

スーツの着こなしで最重要となるのがサイズ感です。

体に合わないスーツは「だらしなさ」「野暮ったさ」を感じさせる元となるため、必ずジャストサイズを選びましょう。

スーツのサイズでは、最低限以下の要素をチェックします。


【最低限チェックすべきスーツのサイズ項目】

ジャケット・肩幅
・袖丈
・着丈
パンツ・ウエスト
・股下

スーツやワイシャツ・パンツは、商品によって各パーツのサイズが異なるラインナップが用意されています。

「肩は合っても袖が長すぎる」「裾で合わせるとウェストがきつい」ということがよくあるため、体に合わせたラインの商品を探す必要があります。

自分の実寸を把握していれば問題ありませんが、不明な場合は店舗での購入がおすすめです。

サイズを計測して体型に合ったものを提案してくれますし、必要に応じて裾上げも対応してくれます。

ビジネスカジュアルでも使えるジャケットスタイル

お見合いでは、スーツのほかにビジネスカジュアルでも使えるジャケットスタイルもおすすめです。

ジャケットスタイルは「テーラードジャケット+スラックスorチノパン」を組み合わせた、いわゆるジャケパンスタイルのこと。

場に合わせたカジュアルダウンもしやすく、一方フォーマル度の高いお見合いの場でも活躍できます。

職場でのビジネスカジュアルでも利用できるため、1セット持っておいても良いでしょう。具体的なアイテムの選び方は後述します。

夏場は清潔感のあるシャツスタイル

お見合いではジャケット着用のスタイルが基本となりますが、夏場は無理にジャケットを着る必要はありません。

ワイシャツを着用し、清潔感のある服装で臨んでください。

夏用のワイシャツやリネンシャツなどは涼しく着用できますので、冬用のシャツを着回すよりは一着新調したほうが快適に過ごすことができますよ。

外さない定番ジャケットスタイルとは

ファッション初心者がジャケットスタイルでお見合いに臨む場合、基本となる失敗しにくいアイテム選びを覚えておきましょう。

ジャケット、シャツ、パンツの順におすすめの定番アイテムを確認していきます。

グレーやネイビーのテーラードジャケット

基本となるテーラードジャケットは、グレーやネイビーなどダークカラーを選ぶと、他のアイテムと組み合わせた際にバランスを取りやすくなります。

黒でも問題ありませんが、シャツやパンツとの組み合わせによっては少々「かっちり感」が出すぎるきらいがあります。

あえて黒以外のジャケットを選ぶことで、服装に適度な抜け感やこなれ感をプラスできます。

ホワイトやベージュ、グレーのシャツ

ジャケットの中に着るシャツは、白または白よりのカラーがおすすめです。

ホワイトは定番カラーで外れがありません

グレーやベージュなど、上品な色合いのカラーシャツも候補に入るでしょう。 大人の男の魅力を引き出してくれます。

黒やワインレッドな、濃い色のワイシャツも販売されていますが、人によっては「ダサい」「ホストっぽい」という意見もるため、女性の好みによっては敬遠される可能性があります。

なお、ワイシャツにはいくつか襟型があります。

迷った場合は定番のレギュラーカラーを選ぶと失敗がありません。

ネクタイやジャケットの有無を問わず活躍でき、お見合いにもぴったりです。

パンツはチノパンまたはスラックス 裾丈はTPOに合わせて

パンツはチノパンかスラックスのどちらかから選びます。

ベルトは必ず着用するようにしてください。

婚活パーティーなどややカジュアルな出会いの場であれば、くるぶしの露出したアンクル丈もOKです。ただし、固めのお見合いでは「カジュアルすぎる」「砕けすぎている」と見られることもあります。

どの丈がふさわしいかはTPOしだいですが、足元の出すぎないハーフクッションかノークッションの丈が無難です。

組み合わせで悩まないセットアップコーデもおすすめ

「ジャケットとパンツの組み合わせで迷う」「失敗するのが怖い」という方には、ジャケットとパンツを同じ素材で揃えるセットアップコーデがおすすめです。

セットアップのジャケットとパンツは、デザインと素材は統一されていますが、別売になっていることがスーツとは異なるポイントです。

ジャケットの丈も通常のスーツと比較するとやや短めに作られています。

スーツスタイルよりカジュアル感をプラスでき、洗練された印象を与えてくれるアイテムです。

普通のスーツでは固くなりすぎるのではないか、と心配な方におすすめです。

中級者以上はおしゃれさで差をつけてもOK

ファッション中級者以上に限定されますが「これまで無難に攻めたがうまくいかなかった」「ファッションで一歩リードしたい」という場合はおしゃれさで差をつけるのも戦略の一つです。

お見合いや婚活パーティーなどに参加する男性の多く、無難な服装でまとめている方が多いもの。

その分、服装が洗練されていれば女性の目に留まる確率は高くなります。

TPOに反しない範囲で遊びのあるアイテムを取り入れてみると効果的です。

初心者はまず清潔感を重視 定番のジャケットスタイルで勝負

それまであまりファッションに関心のなかった人であれば、お見合いだからと突然おしゃれになるのは難しいです。

そのため当日の格好は、清潔感を大切にしつつ鉄板のジャケパンスタイルでまとめることをおすすめします。

「お見合いの服を買いに行く時間がない」「服装を考えるのが苦手・面倒臭い」という方は、WEB完結で全身コーディネートが可能な服のレンタルサービスはいかがでしょうか。

理想スタイルやレンタルの目的を共有することで、自分にぴったりのコーディネートを一式そろえてくれます。ぜひご検討ください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる