2021/11/12.初月料金が改定されました

婚活男性に適した服装を利用シーン別にまとめました

パートナーを探している人にとって、ファッションは相手の印象を決定付ける重要な要素です。
とくに、婚活中の男性であれば、なおのこと重要度は増してきます。

とはいえ、男性は「普段同じ服ばかり着ている」「ファッションがあまり得意ではない」という人もいます。
いざ婚活を始めたは良いが、どういった服装を選べば良いか分からない、ということも多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、婚活男性に適した服装を利用シーン別に解説。
どのような服装を選べばよいか具体的に見ていきましょう。

目次

食事やお茶、プロフィール撮影など

まずは、屋内での食事やお茶、最初のプロフィール撮影をするケースを考えてみましょう。
屋内での服装は、基本的に実用性より見た目や清潔感を大切にします。
では、具体的にどのようなアイテムを選べばよいのでしょうか。

トップスはジャケット+シャツ

婚活でお相手と初めて会う場合、ファッションは「オフィスカジュアル」をイメージしたきれいめコーデを目指します。
まずトップスですが、鉄板となるのがテーラードジャケットとシャツの組み合わせです。
秋以降のコート着用や、真夏のシャツだけのコーデもOKですが、ベースはこの組み合わせとなります。
シャツは前開きのもの(ワイシャツやバンドカラーシャツなど)がおすすめですが、無地のジャストサイズであればTシャツやカットソーでも問題ありません。

一方、チェック柄のネルシャツやポロシャツは、ジャケットと合わせるには少々扱いが難しいです。
ファッションに自信がない場合は控えた方がよいでしょう。

パンツはスラックスまたはチノパン

パンツはスラックスかチノパンがおすすめです。
オフィスカジュアルでも利用できるアイテムですので、初めて会う女性に対しても失礼に当たりません。
なお、濃紺できれいめのシルエット(スリムフィットなど)であれば、ジーンズもOKです。

ただし、ダメージジーンズやストーンウォッシュ加工のジーンズなど「古着感」のあるものは、カジュアル過ぎるのでNGです。
軽い男性だとみられることもあるので、避けるようにしましょう。

靴はカジュアルな革靴がベスト

婚活ファッションでは靴選びも重要です。
女性は意外と足元を見ていますので、うっかり普段履きの靴で行くと「ナシ」と判定されてしまうかもしれません。

婚活用の靴でおすすめなのは、カジュアルよりのデザインの革靴です。
一般的な革靴のなかから選ぶのであれば、外羽根タイプで黒以外のカラーがおすすめです。
内羽根の黒革靴だと「ビジネス感」「冠婚葬祭感」が強すぎ、婚活コーデに組み込むのは難しいため避けた方がよいでしょう。

通常の革靴以外だと、無地のスニーカーやレザースニーカー、スエード生地の革靴などもおすすめです。
ファッションに適度にカジュアルさをプラスでき、足元をクールに飾ってくれますよ。

ハイキングやバスツアーなどアクティブなシーンには?

屋内で会うのであれば、きれいめを意識したコーディネートが大切です。
しかし、ハイキングやバスツアーなど、アウトドアな場面でデートをするなら、もう少し実用寄りのコーディネートでまとめましょう。
アクティブシーンでのアイテム選びを解説していきます。

動きやすいトップス

トップスは動きやすさを重視して選びます。
シャツはTシャツやポロシャツなど、スポーツでも着用できるものがおすすめです。
寒い時期であればセーターもOK。

アウターが必要な秋~冬にかけては、ブルゾンやマウンテンパーカー、ダウンコートなどが適しています。

パンツはチノパンやジーンズ

屋内であればスラックスがおすすめでしたが、アクティブシーンでは場違いに映ることがあり、控えた方が良いでしょう。
この場合、チノパンかジーンズのどちらかを選ぶのが無難です。

アクティブな場面ではハーフパンツも視野に入るのですが、今回のテーマはあくまで「婚活ファッション」です。
初対面や付き合いの浅い相手に対しては少々カジュアル過ぎるため、候補から除外しておきましょう。

靴はスニーカー

靴は動きやすさを重視してスニーカーを選びましょう。
アウトドアなどアクティブなシーンでは、革靴は動きにくいですし、傷がつく可能性も高いためです。
また、サンダルもカジュアルすぎるため婚活には不向きです。

スニーカーは、タウンユースを前提としたものから、スポーツやアウトドア向けのものまで、各メーカーから多数ラインナップされています。
場面に適したものを一足持っておくとよいでしょう。

オンライン(ZOOMなど)の場合は?

コロナ禍で、出会いの場でもオンラインツールが利用されるようになってきました。
ZOOMやSkypeといった、オンラインのビデオ通話ツールでお相手と顔合わせをする場合などは、ファッションはどのように組み立てればよいのでしょうか。

食事やお茶、プロフィール撮影などのものと同じでOK

お相手とのビデオ通話の際は、基本的に食事やお茶など、屋内デートの服装に準拠します。
自宅で通話するケースが多いかと思いますが、スウェットなど部屋着で臨まないよう注意してください。
相手の方に対して失礼になります。

また、オンライン会議あるあるの「下半身は見えないから部屋着」というファッションもNGです。
ふいに立ち上がった瞬間に下半身がカメラに映ると、女性をがっかりさせてしまいます。

室内をきれいにしておく

基本的なことですが、ビデオ通話をする部屋は整理整頓し、ひととおり清掃しておきましょう。
単に部屋が汚い男性はモテないということもありますが、女性と顔を合わせるのに、事前に部屋の掃除もしないのは失礼です。

バーチャル背景を利用して部屋を隠す方法もありますが「どんな人なのか部屋の様子からもチェックしたい」という方は多いです。
自己紹介の一環になりますので、なるべく部屋を見てもらいましょう。

事前にテストして映りをチェック

事前にオンラインで顔を合わせることが分かっているなら、カメラ映りは事前にチェックしておきましょう。
通話開始直前に「カメラが壊れていた」「設定方法が分からない」「カメラ映りが悪く顔がアンバランスに見える」といった問題が出ることも多いためです。

オンライン会議ツールは、多くの場合映りをチェックできるテストモードを用意していますので活用しましょう。
カメラの映りが悪いのであれば、WEBカメラ用のスタンドや三脚でポジションを調整できます。
PC内蔵のカメラの調子が悪ければ、外付けのWEBカメラを使用してみても良いでしょう。
いずれもネット通販や家電量販店などで販売しています。

自分では選べない場合はプロに任せるのも手

ここまで、婚活用の適した服装を紹介してきましたが、なかには「ファッションに全く自信がないし、似合う服を選べない」という方もいるかもしれません。

このような場合、服のレンタルサービスで、プロの目線から婚活用の服を選んでもらうのも一つの方法です。
コーディネートを一式借りることもできるため、婚活の服装で悩むことはなくなりますよ。

当サイトでも、着用場面やその人の体型、好みなどから、プロのスタイリストがぴったりのコーディネートを選ぶレンタルサービスをご用意しています。

現在、期間限定で初月3,000円にてご利用いただけるキャンペーンを実施しています。
気になる方は是非チェックしてみてください。

ファッションサブスクリプションサービス『セレクト』

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる