【男性向け】婚活に適した腕時計とは?おすすめアイテムを紹介!

婚活の場で男性が装着できる数少ないアクセサリーが腕時計です。 日常生活では腕時計を着けない、という人も少なくありませんが、ある程度かしこまった場では、男性の身だしなみとして重要なアイテムです。

そのため、婚活の場でも腕時計は必須といわれています。 この記事では、婚活に臨む男性の腕時計の選び方と、おすすめのアイテムを紹介します。

目次

婚活の場で腕時計が必要なわけ

腕時計を着けない方も増えているなか、なぜ婚活では腕時計が必要とされるのでしょうか。

「身だしなみに気を使える大人」として婚活に臨める

理由の一つが、腕時計が大人の身だしなみの証として重要な地位を占めていることです。

極端な例を挙げると、テレビで会見に臨む男性は、そのほとんどが腕時計を装着していますよね。

これは、ネクタイやスーツと同じく、大人の男性の格式高い服装として市民権を得ているためです。

もちろん、婚活では上記と同レベルでの格式は求められませんが、装着することできちんとした大人の男として婚活の臨むことができます。

センスの良い腕時計はファッションアイテムとしても優秀

女性と違ってアクセサリーをあまり着けられない男性にとって、センスの良い腕時計は重要なファッションアイテムです。

パートナーを探しに婚活に参戦している女性は、意外に細かい部分まで男性の装いをチェックしています。

清潔感はもちろん、相手の美的センスも服装で確認しますので、おしゃれな腕時計は高評価に繋がるポイントです。

腕時計は年収や金銭感覚の判断材料に

腕時計は、単なる装飾品としての役割にとどまらず、女性にとっては年収や金銭感覚の判断材料となります。

経済感覚の合ったパートナーを探すのであれば、腕時計を着けることが女性への一種の自己紹介となるでしょう。

ファッションアイテムに対して高級すぎる時計をつけていれば浪費家だと思われるかもしれません。

一方で、ノーブランド品の時計を着けていると、あまりお金のない人か、身だしなみにお金をかけない人という印象を与えてしまいます。

婚活に適した腕時計の選び方

婚活に臨む際、具体的にどのような腕時計を選べばよいのでしょうか。

アナログタイプの腕時計を選ぶ

婚活では、デジタルよりアナログタイプの腕時計をおすすめします。

デジタルの腕時計がダメというわけではありませんが、アナログ時計と比べるとジャケットスタイルに馴染みにくく、デザインによっては「おもちゃっぽさ」が出てしまう危険性があります。

アナログタイプの時計と比べると、カラーやデザインのカジュアル感も強く、アンバランスになりやすいです。

基本的に婚活のファッションは「上品にすっきりと」まとめることを目指しますので、避けた方が無難といえるでしょう。

場面を問わず使いやすいシルバーの腕時計がおすすめ

腕時計のデザインとしては、シルバーのメタルバンドのものをおすすめします。

腕時計のデザインのなかでは最も無難なものの一つです。

どのような色のジャケットともよく合い、オフィスカジュアル~パーティースタイルまで場面を問わず活躍できるでしょう。

婚活以外でも、ビジネスやプライベートで幅広く活躍できます。

なお、現在はメタルバンドから革ベルトへ付け替えできるタイプの腕時計も少なくありません。

ベルトを複数持っておくと、気分に応じて交換できて楽しいですよ。

腕時計のブランドは身の丈にあったものを

先ほど少し触れたように、腕時計は女性からすると相手の収入と経済状況を測る尺度となります。

身の丈に合わないブランドのアイテムを無理に着用しても「自分とは経済感覚が合わないかも…」と敬遠される可能性があります。

たとえば、ロレックスやオーデマピゲなどの最高級ブランドを装着して婚活に参加すると、女性が身構えてしまうかもしれません。

年収の高い男女限定の婚活イベントであれば別ですが、そうでない場合は避けた方がよいでしょう。

カジュアルな服装にはスマートウォッチもあり

先ほど「婚活用の時計にはアナログ時計が良い」と説明しましたが、これには例外があります。

スマートウォッチに限っていえば、カジュアルな婚活イベントなら着用しても違和感がないためです。

スマートウォッチは、近年ビジネスマンや起業家の間で流行を見せており、ビジネスカジュアルのアイテムとしても市民権を得ています。

スマートウォッチには、大きく「時計型」「活動量計型」の二種類があり、婚活に向くのは時計型です。 Appleウォッチをイメージすると分かりやすいでしょう。 高級感のあるデザインを選ぶことで、ジャケットと合わせても浮きにくくなりますよ。

婚活におすすめの腕時計4選

ではここからは、具体的な腕時計のおすすめを見てみましょう。

今回は、腕時計のハイブランドと呼ばれるもののなかから、20万円台までで購入できるものをピックアップしました。

タグホイヤー アクアレーサー

アクアレーサーは、腕時計の著名ブランドであるタグホイヤーのダイバーズライン。

高級腕時計としてはリーズナブルな価格と剛性を両立しており、美しさと実用性を兼ね備えた人気のシリーズです。

通常、ダイバーズウォッチはがっしりと重厚なデザインが主流ですが、アクアレーサーはすっきりと洗練されたデザインで、スーツスタイルにもよく馴染みます。

電池式のアクアレーサークウォーツであれば、20万円以下での入手も可能です。

グランドセイコー ヘリテージコレクション

グランドセイコーは、国内の高級腕時計ブランドとしては、抜群のネームバリューを誇ります。

時計製造の技巧は他の追随を許さないほど高く、グランドセイコーのアイテムはまさに卓越した技術の結晶といえる一品です。

シンプルなデザインの腕時計が多く、質実剛健を体現したブランドといえます。

グランドセイコーのアイテムのなかで、おすすめはヘリテージコレクションです。

シルバーベースのシンプルな外観ですが、洗練されたデザインで手元を美しく飾ってくれます。

予算を抑えたい場合は電池交換タイプのクォーツ式に限定されますが、20万円程度から購入可能です。

オメガ シーマスター アクアテラ

シーマスター アクアテラは、スイスの腕時計ブランド、オメガのダイバーズラインです。

オメガの創業100年を記念して発表され、現在も多くのユーザーに愛されています。

150m超の高い防水機能を備えているなど実用性も高く、ビジネスから普段使い、アウトドアまで幅広く活躍できます。

オメガは、グランドセイコーと並び抜群の知名度を持ちます。 嫌味がなく高級すぎないほどよいハイブランドとして、女性の目を意識した腕時計の候補に入るでしょう。

男性向けの腕時計としてはややスマートなデザインであり「ゴツい腕時計は似合わないし…」という方にもおすすめできます。

価格はアイテムによって異なりますが、並行輸入品であれば20万円台から購入可能です。

タグホイヤー カレラ

カレラはタグホイヤーのフラッグシップモデルの一つです。
美しい外観と腕にフィットする着け心地など、機能とデザインが軒並み高い基準で実現されています。

同ブランドのアイテムのなかでは、価格を抑えたエントリーモデルに位置していますが、アクアレーサーと並んでファンの多い大人気のラインです。

価格はアイテムや搭載している機構によっても異なりますが、低価格のもので25万前後から販売されています。

腕時計は男性の身だしなみの基本 恥ずかしくないアイテム選びを!

腕時計は、大人の男性の身だしなみとして重要な意味を持つアイテムです。 一本も持っていない、という方は婚活を機に長く使えるものを持っておくのも良いでしょう。

安い買い物ではありませんので、購入の際は実際に店舗で試着してみましょう。 デザイン・装着感をともに気に入ったものを選ぶのがおすすめです。

参考:
https://www.omegawatches.jp/watches/seamaster
https://www.tagheuer.com/jp/ja/%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%A0%E3%83%94%E3%83%BC%E3%82%B9/%E3%82%B3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3/%E3%82%BF%E3%82%B0%EF%BD%A5%E3%83%9B%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%BC-%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%A9/?prefn1=ATT_GENDER_CODE&prefv1=%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%82%BA&sz=15
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/special/storiesofgrandseiko/mensex-1/
https://www.grand-seiko.com/jp-ja/collections/heritage?sex=%E7%94%B7%E6%80%A7%E3%83%A2%E3%83%87%E3%83%AB&drive=%E3%82%AF%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%84

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる