男性向け乳液の選び方とおすすめ

スキンケアやメイクはまだまだ女性のものというイメージが強いもの。

最近興味を持ち始めた方の中でも「なんとなく使っていてどんな効果があるのかよく分からない」「自分にあった商品が分からない」というユーザーも多いのではないでしょうか。

この記事では、スキンケアの最終工程「乳液」について、その効果や自分にあったものの選び方を解説していきます。

最後におすすめの商品も紹介するので、購入の際の参考にしてください。

目次

乳液の役割と使い方

ではまず、何のために乳液を使うのかという点から確認していきましょう。

乳液の働きと使い方を紹介します。

乳液の役目は肌に水分を閉じ込めること

乳液の役目をひとことで説明すると、肌に水分を閉じ込めて潤いをキープすることです。

化粧水を使ってせっかく水分補給をしても、そのままでは日中の活動で水分が抜けていってしまいます。

そのため、化粧水のケアのあとは乳液が必要です。

なお、一般的に化粧水や乳液はそれぞれ別のもとを使うことが多いですが「オールインワン」と呼ばれるタイプの商品なら、一本でスキンケアを全て終えることが可能です。

詳細は後述します。

乳液の使い方とタイミング

スキンケアの基本的な手順は

  1. 洗顔
  2. 化粧水
  3. 美容液(必要に応じて)
  4. 乳液またはクリーム(両方の場合も)

の順におこないます。

スキンケアの最後に乳液を使うイメージです。

使用するときは、手のひらに出して、顔の中心から外側に向かって少しずつ伸ばしてください。

最後は手のひらでおさえるようにハンドプレスして、乳液を染み込ませます。

一度に使用する量は10円玉一つ分くらいを目安にしてください。

ただ、商品によって伸びの良さが違うため、10円玉大では多すぎてべたつくのであれば少し減らしても構いません。

自分の肌とも相談しながら調整してみてください。

乳液とクリームの違いは?

乳液と同じく水分を閉じ込める働きをするのがクリームです。

同列に語られることも多いこの二種類は何が違うのでしょうか。

結論から言うと、乳液とクリームの違いは、水分と油分の割合です。

乳液は水分の比率が高いのに対し、クリームは油分が多くやや硬い質感をしています。

役割も以下のように異なります。

乳液:肌に水分を与えてふたをする役目を担う

クリーム:潤いを閉じ込めるのに特化している

乳液とクリームは肌タイプによって使い分けることがおすすめ。

乾燥が気になる場合は併用すると保湿を強化できます。

一方、皮脂でべたつきがちな脂性肌の方は、クリームは使用せず乳液一本にする­­­とよいでしょう。

男性向け 乳液を選ぶ基準

では、実際に男性が乳液を選ぶ際、何を基準にすればよいのでしょうか。

乳液を検討する際の考え方を見てみましょう。

男性は保湿力を重視して乳液を選ぶ

男性が乳液を選ぶ際は、保湿力を重視すると失敗しにくいです。

というのも、男性は女性と違って毎日のシェービングがあります。

肌のバリアをヒゲと一緒に除去してしまう分、肌がダメージを受けやすいのです。

また、男性の肌には「皮脂が多く水分が少ない」という特徴が見られます。

インナードライになりやすいため、その点からも保湿を重視するとよいでしょう。

乳液に含まれる保湿成分をチェックする

では、保湿力の高い乳液を選ぶには、商品のどこを見ればよいのでしょうか。

一つの判断基準となるのが保湿成分が含まれているかどうかです。

スキンケア用品には、肌の潤いを保つための保湿成分が配合されていることがあり、その有無で保湿力を推測することができます。

【スキンケア用品の保湿成分(一例)】

  • セラミド
  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • スクワラン

乳液に含まれている成分はパッケージの裏面に書かれています。

お店で購入する際にぜひチェックしてみてください。

男性が女性用の乳液を使ってもいい?

男性がスキンケア用品を検討する際に浮かぶ疑問のひとつが「女性用のものを使ってもいいのか」という点。

男性用のケア用品は女性用と比較するとまだ選択肢が少なく、女性用のもので代用する人もいます。

男性が使っても問題ないのでしょうか。

結論から言うと、男性が女性用のスキンケア用品を使っても問題なく、乳液の場合も同様です。

ただ、男性用のケア用品は、男性独自の悩みに対応しているものが多いため、より男性の肌に適した配合になっています。

そのため、特にこだわりがないのであれば男性用を選んだ方が無難といえるでしょう。

手軽さを重視するならオールインワンタイプもOK

「化粧水と乳液両方使うのは面倒臭い」「忙しくてスキンケアに時間をとれない」こんな方はオールインワンタイプの商品がおすすめです。

一本で「化粧水+美容液+乳液」の役目を果たしてくれるため、洗顔後に一度使用するだけでOKです。

初めての方で、毎日のケアを手間に感じる場合は、まずはオールインワンタイプから始めてみるのはいかがでしょうか。

ケアが楽しくなってきたら、好みの化粧水や乳液を個別に揃えてみてください。

カミソリ負けした肌に乳液を使っていいか

男性をしばしば悩ませるのがカミソリ負けによる肌へのダメージです。

傷ついてしまった肌に乳液を使っても問題ないのでしょうか。

結論から言うと、肌に外傷がある場合、スキンケアは控えてください

化粧水や乳液などのパッケージには必ず「肌に異常がある場合は使用を控えてください」と記載があります。

傷が治るまでは、外傷部は避けてケアをおこなうようにしましょう。

男性にぴったりなおすすめ乳液4選

ここからは、男性におすすめの乳液を具体的に紹介していきます。

どれも市販品で、ネット通販や店頭で購入できるものです。

見かけたらぜひ手に取ってみてください。

ニベアメン アクティブエイジバーム

「ニベアメン アクティブエジバーム」は、保湿以外にエイジングケアも可能な男性向け乳液です。

毎日のスキンケアに組み込むことで、シミやそばかす、小じわなど、男の年齢肌への対策ができます。

保湿成分としてヒアルロン酸を配合しており、高い保湿力を持つのが特徴です。

使用後の肌のうるおいが持続するとユーザーからも高評価を受けています。

ノンアルコールのため、肌への刺激を避けたい方にもおすすめです。

薬用ニキビケア乳液

「薬用ニキビケア乳液」は、ニキビ対策ができる乳液として不動の人気を誇る商品です。

ニキビの発生を抑制する効果と高い保湿力を備えており、使ったあと肌がもっちりと仕上がります。

合成着色料・鉱物油・アルコールなど刺激の強い成分を排除しており、有効成分は植物由来のものをメインに使用しています。

敏感肌の方への保湿・ニキビ予防にも適しています。

Bulldog オイルコントロール モイスチャライザー

「Bulldog オイルコントロール モイスチャライザー」は、脂性肌に悩む男性のために作られたクリームです。

乳液と同じように、化粧水・美容液のあとに使用できます。

皮脂の過剰分泌をおさえる効果があり、脂性肌の方が悩まされるテカりを予防できます。

使用感もさっぱりしており、べたつきが少ないのも特徴です。

LUCIDO (ルシード) スキンコンディショナー

「LUCIDO (ルシード) スキンコンディショナー」は、伸びが良く肌によく馴染むのが特徴の男性向け乳液です。

使用後はさらっとした肌触りになり、クリームや乳液によくあるべたつきが少ないという特徴があります。

保湿成分としてグリセリンを使用しており、しっとりした肌の状態が持続すると高い評価を得ています。

無香料タイプなので、男性向け商品にありがちなツンとした匂いが苦手な方にもおすすめです。

男性の肌には保湿が重要 プラスアルファの効果も

男性の肌は、女性と比較して水分が少ないため、保湿がより重要となります。

そのため、乳液選びでは保湿力の高さをメインとして選ぶとよいでしょう。

なお、商品によってはニキビケアやエイジングケアなどにも効果が期待できます。

肌悩みに応じたプラスアルファの効果も含めて検討すると、自分に適した商品を見つけやすくなりますよ。

参考サイト:
https://my-best.com/2799
https://www.ishizawa-lab.co.jp/shopping/item_top.php?genre2_id=4
https://www.esquire.com/jp/lifestyle/beauty/a31887808/mens-beauty-how-to-find-the-best-latex-and-moisturizing-cream-20200405/
https://amzn.to/3aV2vO9
https://amzn.to/3aV2vO9
https://amzn.to/34v6Gip
https://amzn.to/2YxU9XJ

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる