2021/11/12.初月料金が改定されました

化粧下地にはどんなものがある?種類と役割を解説します

化粧下地の種類と役割を解説

男性の皆さん、化粧下地はどのように選んでいますか?

「どうせ上からファンデーションをのせるし」と、価格重視で選んでしまう方も多いのですが、これは必ずしも正解とは言えません。

化粧下地は、種類や商品によってそれぞれ特徴があり、どれを選ぶかで仕上がりに大きく影響するからです。

そこで、この記事では、化粧下地選びで重要となる「二つの種類と特徴」「商品を選ぶ基準」を紹介します。

自分にあった商品選びができるようになりますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

男性向け 化粧下地の種類と特徴

まず、化粧下地の役割のおさらいと、代表的な二つの種類を紹介していきます。

化粧下地はベースメイクのノリを良くし綺麗に仕上げる効果がある

化粧下地の役割は、メイクのための土台を作り、仕上がりを綺麗にすることです。

ファンデーションを肌にそのまま載せてしまうと、化粧下地を使ったときよりメイクが落ちやすいのです。

また、肌には凹凸があるため、ベースメイクがムラ付きしやすくなかなか綺麗にのりません。

化粧下地を使うと、肌のキメを均一にでき、メイクが密着します。

その結果メイクのノリがよくなり、落ちにくく美しい肌に仕上がるのです。

リキッドタイプの下地は伸びが良く使いやすい

化粧下地の代表的なタイプの一つがリキッドタイプです。

よく伸び、厚塗り感が出にくいのが特徴です。

テクスチャ(使い心地)は、乳液のように水っぽいものから、ゆるめのペースト状までさまざまなタイプがあります。

後述のクリームタイプと比較するとカバー力は控え目ですが、その分のっぺりとした仕上がりになりにくく、メイクに慣れていない方でも自然に仕上げることができます。

また、油分が少なく肌によく馴染むため、オイリー肌の方におすすめです。

クリームタイプの下地はカバー力が高く崩れにくい

クリームタイプも、リキッドタイプと並んでメジャーな化粧下地です。

リキッドよりしっかりした質感で、マヨネーズくらいの固さのテクスチャをしています。

カバー力が高く、肌の気になる悩みを確実に隠したい場合に適しています。

また、化粧崩れしにくいという特徴もあり、メイクを他人に知られたくない場合には強い味方になってくれるでしょう。

なお、付けすぎるとのっぺりとした印象になることもあり、付け方には少し工夫が必要です。

顔の中心から外側に向かって薄くしていくようなイメージで、少量から使ってみてください。

化粧下地はどうやって選べばいい?

化粧下地を選ぶ際、何を基準にすればよいのでしょうか。

化粧下地には、先述のテクスチャ以外にも商品ごとに特徴があるため、機能を基準に選ぶのも一つの選択肢となります。

代表的な機能は「保湿力」「UVカット」「下地の色」の三種類です。

それぞれ詳しく解説していきます。

保湿力の高さで選ぶ

化粧下地は、メイク中ずっとつけているものなので、保湿力も重視して選びたいところです。

保湿力の高い下地には「肌を乾燥から守ってくれる」「しわやほうれい線を目立たなくしてくれる」といった嬉しいメリットも。

商品によっては乳液としての機能を兼ね備えており、化粧水の次にいきなり使用できるものもあります。

保湿力の高さは、パッケージ裏に記載されている保湿成分で判断することができます。

また、高保湿・乾燥肌向けと表記のあるものから選ぶのも一つの方法です。

UVカットの強さで選ぶ

化粧下地はUVカット効果を備えた商品も多いです。

いちいち日焼け止めを塗るのが面倒な方は、UVカットの有無や、カット力の強さで下地を選ぶのも一つの選択肢になります。

UVカットの強さには二つの指標があり、それぞれ以下のように表記されます。

PAUVAに対応した指標。+(最少)から++++(最大)まで。
SPFUVBに対応した指標。最大で「50+」まで。

UVカットの強さはパッケージに記載されているため、化粧下地を使う場面の紫外線の強さで商品を選ぶのも一つの方法になります。

化粧下地の色で選ぶ

化粧下地は無色のものもありますが、多くの商品が色つきです。

どの色を選ぶかによって印象が大きく変わるため、色選びは非常に重要です。

化粧下地の色は、肌を均一に整えてくれるベージュから、イエロー・グリーン・パープルなども販売されています。

各カラーには「赤みの抑制」「肌を白く見せる」などの効果がありますが、メイクをしていると知られたくない男性には、地の色を生かして自然な仕上がりになるベージュまたは無色がおすすめです。

ベージュタイプを選ぶ際は、自分の肌の色に近いものを選ぶようにします。

お店でテスターを使って色味をチェックしてみてください。

化粧下地のおすすめ商品4選

実際に商品を選ぶとなると迷ってしまうことも。

そんな方のために、男性におすすめの化粧下地を四種ピックアップしてみました。

お店や通販で下地を選ぶ際の参考にしてください。

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用

プリマヴィスタ 皮脂くずれ防止化粧下地 超オイリー肌用は、女性より皮脂が多くメイク崩れを起こしやすい男性に特におすすめの化粧下地です。

皮脂による化粧崩れやテカり、べたつきが気になる超オイリー肌の方のために開発されました。

リキッドタイプでよく伸び、厚塗り感が出にくいため、メイク慣れしていない方にもおすすめできます。

なお、日焼け止めとしての効果は備えていませんので、下地の前に別途日焼け止めを塗るようにしてください。

資生堂 フルメークウォッシャブルベース

資生堂 フルメークウォッシャブルベースは、保湿力の高さと、お湯で落とせる手軽さが魅力の化粧下地です。

さらっとしたリキッドタイプのテクスチャで、肌馴染みが良いのがポイント。

ナチュラルな仕上がりになりやすいと多数のユーザーから評価を得ています。

クレンジング不要なため、敏感肌の方などクレンジングによる肌へのダメージが気になる方に適しています。

保湿成分としてヒアルロン酸を配合しており、小じわが気になる方や乾燥肌の方にもおすすめです。

メンズベーシック 化粧下地

メンズベーシックの化粧下地は、男性のテカり対策に特化した化粧下地です。

皮脂の浮きを抑える効果が高く、ファンデーションやBBクリームの前に薄く塗っておくだけでテカりを抑えてくれます。

クリームタイプの下地ですが、馴染むと無色になるため多少付けすぎても厚塗り感が出にくいです。

ナチュラルな仕上がりでファンデーションのノリを良くしてくれます。

大豆やオトギリソウ・ルイボスなど、天然由来の保湿成分を多く配合しているため、乾燥肌

・敏感肌の方でも使用可能です。

ORBIS(オルビス) 薬用クリアデイケアベース

ORBIS(オルビス) 薬用クリアデイケアベースは、男のニキビ対策に特化した化粧下地です。

肌のカバーとニキビケアが同時にできるクリームタイプの薬用化粧下地で、メイクしながら肌の改善を目指すことができます。

色はややピンクがかった明るめのベージュなので、色白の男性に適しています。

オイルフリータイプの製品のため、ニキビ肌だけでなくオイリー肌の方にもおすすめです。

メイク初心者はお店で選ぶのがおすすめ

商品選びでは、下地の種類と機能を基準に、自分にあった商品を選んでみてください。

なお「どんな色が合っているのか分からない」「化粧下地は初めて買う」という方は、最初の一本はお店で購入することをおすすめします。

化粧品売り場にはテスターがあり、実際の商品で肌との馴染み具合や保湿力の高さをチェックできますよ。

ぜひお試しください。

参考:
https://bit.ly/33kvGrU
https://www.shiseido.co.jp/sw/beautyinfo/DB008919/
https://bit.ly/3646ojE
https://www.kanebo-cosmetics.jp/media/makeup/hadabae_base/
https://amzn.to/2RZSypT
https://amzn.to/2S6GWBT
https://amzn.to/361UgPP
https://amzn.to/3cye7aQ

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる