pappy(パピー)はおすすめできる?実際に使ってみたので感想をまとめます

pappyは、2023年4月にサービスが開始された新しいマッチングサービスです。

pappyは名称の通り、パパ活を主流とするサービスです。

投稿を表示

今回は、pappyへの登録を検討している人向けに、どのようなサービスなのか、実際に登録して使ってみたので詳しく紹介していきます。

pappyの公式ページはこちら

目次

pappy(パピー)の概要

特徴・2023年4月に誕生した新しいサービス
・オンライン状況を隠せるシークレット機能あり
会員数非公開
年齢層男性:30代~50代
女性:20代前半~30代
料金男性:
1ヶ月:6,800円
3ヶ月:5,800円
(一括 17,400円)
6ヶ月:5,167円
(一括 31,000円)
12ヶ月:3,400円
(一括 40,800円)
女性:無料
運営会社プロスゲイト株式会社
公式サイトhttps://www.pappy.jp/

pappyは、パパ活専用のマッチングサービスです。
2023年4月現在アプリ版は存在せず、ブラウザ版のみでサービスを提供しています。

「パパ活」という単語こそ無いものの、サービスコンセプトについて以下のように説明しています。

Pappy(パピー)とは成功した男性と魅力的な女性を繋ぐ特別なマッチングサービス
紳士的で成功した男性と夢を持つ魅力的な女性をPappy(パピー)は真剣に応援しています。

https://www.pappy.jp/Index

明確に「パパ活」とは一切記載はありませんが、実質的にパパ活専用サービスとして機能しているため、パパ活目的の男女ともにミスマッチの起こりにくい環境といえます。

pappyの年齢層

pappyは、会員の年齢層に関する公式情報を公開していません。
登録してみた実感としては、女性は大半が20代、男性は30代から50代の割合が比較的高いといえそうでした。

年齢層は、一般的なパパ活用マッチングサービスと大きな違いはなさそうです。

pappyの会員層

pappyはパパ活用のサービスですので、男性は高収入の会員が多く、女性は容姿に優れた若い会員が多くなっています。

ただし、男性会員の年収証明システムが存在しないため、詐称はいくらでもできてしまいます。

月額料金もそれほど高いものではないため、平均的な会社員が利用していることも多いでしょう。

pappyの利用システムはどんな感じ?

pappyの機能や利用システムを詳しく紹介します。

pappyの料金とプラン

pappyは女性無料、男性は月額6,800円(1ヶ月プラン時)で利用できます。

プランは3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月があり、長期契約をすることで1ヶ月辺りのコストを安くすることができます。

1ヶ月プラン6,800円
3ヶ月プラン5,800円
(一括 17,400円)
6ヶ月プラン5,167円
(一括 31,000円)
12ヶ月プラン3,400円
(一括 40,800円

支払い方法はクレジットカードとなります。

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club

pappyの登録の流れ

pappyの登録の流れは以下のとおりです。

1.トップページから「メールアドレスではじめる」をタップ


2.ニックネームと居住地、性別、生年月日を選択し次へ


3.目的、希望を入力します。下の画像は筆者が選択しました。


4.プロフォール写真の登録を求められますが、こちらは後でもできるのでいったんスキップ。


5.ログインに利用するメールアドレスとパスワードを入力

6.上記で入力したメールアドレスに届いた4桁のコードを入力します。

こちらの画面で登録が完了です。この時点で実際に利用している会員の閲覧が可能になります。

年齢確認と有料会員登録

全ての機能を利用するには「電話番号認証」「年齢確認」「有料会員登録」(男性のみ)が必要です。

マイページの「会員ステータス」から以下の3つの項目を済ませましょう。

【電話番号認証】

電話番号認証は電話番号を入力し、SMSに届いた番号の入力で簡単に認証ができます。

【年齢確認】

pappyは出会い系サービスのため、男女ともに年齢確認が必須です。

年齢確認は運転免許証や健康保険証、パスポートなどで可能です。

それぞれ身分証明証をアップロードして年齢確認をおこなってください。

【有料で会員登録(男性のみ)】

男性は有料会員登録をしないとメッセージができないため、有料登録が必須となります。

プランは以下の通り。

  • 1ヶ月:6,800円
  • 3ヶ月:5,800円(一括 17,400円)
  • 6ヶ月:5,167円(一括 31,000円)
  • 12ヶ月:3,400円(一括 40,800円)

電話番号認証、年齢確認、有料会員登録の3つが完了すると実際に女性とやり取りを行うことができます。

ログイン状況を非表示にするシークレットモード

ppapyの特徴的な機能としては、マッチングした相手にログイン状況を分からなくするシークレットモードです。

マッチングした相手にログイン状況わかってしまうと、

「ログインしているのに返信をしていない」

というのが相手にわかってしまって少々使いづらさを感じてしまいます。

そういった方に適したモードですね。

シークレットモードは有料会員になっておけばいつでも設定をON/OFFにできるので試しにつかってみてください。

条件を細かく指定できる検索機能

ppapyが他のマッチングサービスと一線を画するのが、検索条件の細かさです。
年齢や体型を始め、学歴や仕事など最大15項目まで設定でき、自分に合った相手を探しやすくなっています。

また、「最近入会」の人のみに絞ることができるので、新人を狙いたい人におすすめです。

日付から探す機能

pappyは「日付から探す」という機能があり、「◯月◯日」に会える女性を検索することができます。

この使い方は例えば、

「この日に空いてるから会える人を見つけたい」

という時に非常に便利。

ppapyは十分女性の利用者が多いので、会える人を設定すると結構見つかります。パトローナの評判は?

筆者が実際にpappyを使ってみた感想

筆者(30代後半男性)が実際にpappyを使ってみました。

まずはプロフィールの設定から、メッセージ内容までまとめますね。

プロフィールは無難に設定

プロフィールを適当に埋めてみました。

だいたい実際の自分のものにしています。

プロフィールの自由欄は仕事内容や趣味を軽く書いたくらいで、まあパパ活サイトなのでかなり適当にしてしまってます(笑)

トップ画像は横顔で雰囲気がわかるものに。サブはカフェに行ったときの珈琲です。

実際に使って感じたユーザー層

パパ活の女性ユーザーは大半が20代前半というイメージがありましたが、pappyは意外と30代、40代もいてもしかしたら若干年齢層高めなのかもしれません。

また、以前使ったラブアンと比較してキラキラしてないというか、プロっぽい女性が少ない印象です。

実際、普通に出会いを探している女性もいるようです。

pappy利用時の注意点

pappyのユーザーからの評価は比較的高いのですが、利用においては注意点もあります。

利用を考える際に気をつけたいポイントを紹介します。

新サービスのため会員数は少ない

2023年4月というリリースしたばかりのサービスのため、2023年7月時点では会員数の少ないサービスといえます。
とくに地方の都道府県では都心部との差が顕著です。

試しに、某地方の都道府県を指定して会員検索をしたところ、一覧に表示された女性会員の人数は少数でした。

東京など都心部であれば相応の数がヒットするのですが、それでもログイン中のアカウントはかなり少なめだったり、ペイターズシュガーダディなどの大型のサービスに比べると少しさみしく感じますね。

男性はある程度魅力がないと割り切りでも厳しい

パパ活は基本的に割り切り(金銭ありき)ですが、男性はある程度の魅力、清潔感がないと割り切りでも厳しい世界のようです。

パパ活女子はプロではないため、お金のために割り切って行為に及ぶことができない可能性があります。そのための顔合わせなのです。

ネットの口コミによると、パパ活をしている男性の多くは顔合わせで脚切りされてしまうようです。

パパ活女子は顔合わせで1万円とか要求してくるわけですが、これは多くのケースにおいて顔合わせの段階で結構な労力がかかっていると感じているからなんですよね。

pappyはまだまだ方向性が定まらない?

総合的に見て、pappyはまだまだ発展途上のサービスといえます。

サイトの仕様は全体的に無難で平均的な感じで、まだまだ探っている状態なのかもしれません。

若いサービスのため会員数は少ないのですが、その分ライバルが少ないというのは男性にとって有利ですね。

メインのサービスとして使うには心許ない部分もありますが、サブ利用を検討してみても良いかもしれません。

pappyの公式ページはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次